チームラボ 下鴨神社をの参道や楼門をライトアップするアート作品を展示

SPICER
呼応する木々 – 下鴨神社 糺の森 / Resonating Trees – Forest of Tadasu at Shimogamo Shrine teamLab, 2016, Interactive Digitized Nature, Endless, Sound: Hideaki Takahashi

呼応する木々 – 下鴨神社 糺の森 / Resonating Trees – Forest of Tadasu at Shimogamo Shrine teamLab, 2016, Interactive Digitized Nature, Endless, Sound: Hideaki Takahashi

画像を全て表示(4件)

チームラボによるアート作品『呼応する木々 - 下鴨神社 糺の森』と『呼応する球体 - 下鴨神社』が、2016年8月17日(水)~8月31日(水)の期間にかけて展示される。

これらは、世界遺産である京都の下鴨神社にて行われる、『下鴨神社 糺(ただす)の森の光の祭』の中で展示されるライトアップ作品。『呼応する木々 - 下鴨神社 糺の森』では、糺の森の参道沿いの木々がライトアップされる。対する『呼応する球体 - 下鴨神社』では、下鴨神社の楼門の中の空間に光の球体が展示される。

 

■展示作品
呼応する木々 – 下鴨神社 糺の森 / Resonating Trees – Forest of Tadasu at Shimogamo Shrine

『呼応する木々 - 下鴨神社 糺の森』でライトアップされた木々は、鑑賞者や動物が近くを通ると、光の色を変化させ音色を響かせる仕組みになっている。長い参道の向こうにある木々が強く光っていれば、それはその付近に人や森に住む動物がいることを意味する。鑑賞者は、普段よりも同じ空間にいる他者の存在を強く意識することができる作品となっている。

 

呼応する球体 - 下鴨神社 糺の森/ Resonating Spheres – Forest of Tadasu at Shimogamo Shrine

呼応する球体 - 下鴨神社 糺の森/ Resonating Spheres – Forest of Tadasu at Shimogamo Shrine teamLab, 2016, Interactive Installation, Endless, Sound: Hideaki Takahashi

呼応する球体 - 下鴨神社 糺の森/ Resonating Spheres – Forest of Tadasu at Shimogamo Shrine teamLab, 2016, Interactive Installation, Endless, Sound: Hideaki Takahashi

『呼応する球体 - 下鴨神社』にて展示される光の球体は、人が叩いたり何かにぶつかったりして衝撃を受けると、光の色を変化させ、特有の音色を響かせるようになっている。『呼応する木々 - 下鴨神社 糺の森』と同様、観る者の意識の中に、自分以外の存在を強く感じさせるアート作品だ。

近年では海外での展示も盛んに実施しているチームラボ。さらに先進性を増す彼らのクリエイションが、日本の伝統的な地である下鴨神社とどのようなコラボレーションをみせるのか。気になる方はぜひ足を運んでみてはいかがだろうか。

 

イベント情報
下鴨神社 糺の森の光の祭
会期: 2016年8月17日(水)~8月31日(水)
会場: 下鴨神社(賀茂御祖神社)(京都府京都市 左京区下鴨泉川町59)
ライトアップ時間: 18:00〜21:30
入場料: 無料
シェア / 保存先を選択