森村泰昌展『自画像の美術史』、自画像たちの「最後の晩餐」映す新作も

ニュース
2016.3.22
 森村泰昌『自画像の美術史(ゴッホ/青)』2016 年 作家蔵

森村泰昌『自画像の美術史(ゴッホ/青)』2016 年 作家蔵

『森村泰昌:自画像の美術史―「私」と「わたし」が出会うとき』が、4月5日から大阪・中之島の国立国際美術館で開催される。

森村泰昌は1985年にフィンセント・ファン・ゴッホの自画像に扮するセルフポートレート作品を発表して以降、「自画像的作品」をテーマに作品を制作している美術家。一貫して名画の登場人物や映画女優、20世紀の歴史上の人物などに自らが扮する作品を手掛け、2011年には『紫綬褒章』を受章している。

同展は2部構成になっており、134点の作品が展示される。第1部では初期の作品である『肖像(ゴッホ)』を始め、『レンブラントの部屋』シリーズ、『私の中のフリーダ(花輪)』シリーズなどを展示するほか、新作として約30年ぶりにゴッホの自画像に扮した作品や、西洋美術、近代日本美術画家の自画像に扮した作品を発表する。

第2部では森村にとって初の試みとなる長編映像作品を上映。レオナルド・ダ・ヴィンチやアンディ・ウォーホルら自画像を描く画家12人に森村が扮し、森村自身を加えた13人による「最後の晩餐」が展開される。撮影は映像作家の藤井光が担当。

なお、会期中には森村による「自画像」をテーマにした森村泰昌の連続講座『新・美術寺子屋/自画像の話』などの関連イベントが行なわれる。『新・美術寺子屋/自画像の話』の国立国際美術館開催分はUstreamで中継される予定。詳細はオフィシャルサイトをチェックしよう。

イベント情報

『森村泰昌:自画像の美術史―「私」と「わたし」が出会うとき』

2016年4月5日(火)~6月19日(日)
会場:大阪府 中之島 国立国際美術館

時間:10:00~17:00(金曜は19:00まで、入場は閉館の30分前まで)
休館日:月曜(5月2日は開館)
料金:一般1,300円 大学生900円 高校生500円
※中学生以下無料
※心身に障がいのある方とその付添者1名は無料

CINRA.NET
シェア / 保存先を選択